JPX金、7000円の可能性も

2022-01-12

 

皆さんこんにちは( ..)φメモメモ

 

本日の記事は、『JPX金、7000円の可能性も』を見ていきましょう☆

 

サンワード貿易のアナリスト陳による

テクニカルマイスターより抜粋

 

詳しくはこちらから

【JPX金、7000円の可能性も】 : テクニカルマイスター (blog.jp)

 

 

*米連邦準備制度理事会(FRB)は5日、昨年12月半ばに開催された連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表しました。それによると、FOMC参加者は、インフレ高進や雇用の改善を背景に、従来の想定より速いペースで利上げを実施するのが妥当だという見解で一致しました。

 

昨年12月のFOMCは、国債などの資産購入を通じた量的緩和策の終了時期を3月に前倒しする方針を決めたほか、2022年中に計3回の利上げを実施するシナリオも示しており、議事要旨では、FOMC参加者の一部が、量的緩和で膨れ上がったFRBの総資産を利上げ開始後に時間を置かずに減らし始めるのが適切だと主張。積極的な金融引き締めを提案しました。

 

 

市場では、FRBが量的緩和の終了とほぼ同時に、

事実上のゼロ金利政策を解除するとの見方が強まっています。

 

 

FRBによる速いペースでの利上げへの警戒感が広がる中、長期金利は1.7%に上昇しました。

 


 

FRBが利上げ姿勢を鮮明にする一方で、日銀は、現在の大規模緩和策を維持する公算が大きい。黒田総裁は昨年末、「欧米のように金融政策の正常化に向けて動きだすことにはならない」として、マイナス金利政策など大規模緩和を粘り強く続ける考えを強調しています。

日米の金融政策の違いによる金利差拡大を背景に、今年も「ドル買い・円売り」基調は続くと考えており、NY金が1800ドル前後のレンジで推移しても、JPX金は円安の進行により水準を切り上げていく展開が予想されます。

 

昨年の高値6886円(11月17日)をブレイクして7000円の大台に上昇する可能性は高いだろう。と述べています。tkg0106 tkg0106

 

 

金の値段あての参考にしてみてはいかがでしょうか??

 

 

===================================

 

※本ブログの内容は、テクニカルマイスター(サンワード貿易アナリスト)のブログに掲載されている内容を抜粋したものです。

👉 http://meister.blog.jp/

※サンワード貿易が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。

※投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等などの投資にかかわる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

===================================

アーカイブ
7月の値段当てチャレンジ

2022-08-08

お知らせ 金の値段当て

金の値段当てチャレンジ 募集中!!

2022-07-19

金の小話 金貨

金を使って金を採取

2022-05-06

金の小話 金山

JPX金、為替の影響が大きい

2022-04-26

金の値動きの予想 金の海外市況

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。