金で作られている建物は金閣寺だけではなかった!?

2021-07-21

みなさんこんにちは( ..)φメモメモ

 

前回の記事は『金閣時は本当に金で作られているの?』という記事でしたね。

まだ見ていない方はこちらから👉 https://ss.sunward-t.jp/71

 

さて本日は、金の小話より

『金で作られている建物は金閣寺だけではなかった!?』

という記事をご紹介します。

 

 

実は、金で作られている建物は金閣寺だけではなく、世界に多く存在します。

今回注目したのは、ヨーロッパのスウェーデンにあるストックホルム市庁舎の

【黄金の間】という広場についてです。

 

ストックホルム市庁舎は1911年から1923年に設立されたと言われており、

広間にはきらびやかな黄金とガラスで豪華な仕上がりとなっています。

 

 

部屋の壁には23.5Kの金箔が約1,800万枚も貼り付けられ、

スウェーデンの過去、1000年の歴史が壁絵形式で描かれています。

 

 

また、ストックホルム市庁舎の【黄金の間】が有名な理由の1つが、

1970年までノーベル賞受賞者の晩餐会が開かれていたからと言われています。

 

 

しかし、現在は残念な事に使われていません。

ストックホルム市庁舎の【黄金の間】では、

座席数が約700席しか用意が出来なく、

狭いため会場が変更されたそうです。

 

現在では、観光コースになっており、だれでも見ることができるそうです!!

一度は行ってみたい観光地にランクインしてそうですね(笑)

アーカイブ
金で作られている建物は金閣寺だけではなかった!?

2021-07-21

金の小話 西洋の歴史

最古の黄金文明

2021-01-15

金の小話 西洋の歴史

banner

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。