35話 楊貴妃の壺

2023-09-06

江戸時代、福岡・黒田藩に「博多文淋」という黄金約2,000両もした茶器がありました。戦国時代末期、博多にいた大商人、神谷宗湛が不始末をした部下から、お詫びにと献上されていたそうです。これが希代の珍品。なにしろ「楊貴妃が使っていたと白粉壺」という伝承がありました。

 

そこで、太閤秀吉、徳川家康、さらには秀吉の軍師といわれた黒田長政も欲しがりましたが、宗湛は譲らず、秀吉に「日本の半分をくれるなら譲ってもよい」といったという逸話も残っています。

 

ところが、太閤秀吉、黒田長政が亡くなったあと、宗湛は黒田家に譲ったそうです。

この時、藩主忠之は「知行500石と黄金2,000両を下賜する」といったが、

宗湛は知行を辞退、黄金だけを受け取ったといわれています。

 

とにかく、だれもが欲しがったというわけです。

この壷、藩主も相続の時だけ1回しかみることができなかったとか。 

 

 もちろん、真偽は不明というより楊貴妃が使っているとは思えないですが、

戦国の英雄と楊貴妃を組み合わせた当たり、なかなか愉快なものです。

アーカイブ
36話 ビザンツ帝国の金貨

2023-10-11

金の小話 31話‐40話

35話 楊貴妃の壺

2023-09-06

金の小話 31話‐40話

34話 ガリアの黄金

2023-08-30

金の小話 31話‐40話

33話 千両箱の重さ

2023-08-23

金の小話 31話‐40話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。