36話 ビザンツ帝国の金貨

2023-10-11

 

古代から中世にかけ、コンスタンチノープル(現イスタンブール)を首都に栄えた東ローマ帝国。この帝国はビザンツ帝国ともいわれ、莫大な金を基に金貨を造りました。最初に造ったのはコンスタンティヌス一世。金貨は「ノミモス金貨」といい、ここから「ヌミスマティック(=古銭学)」という言葉が生まれました。ノミモス金貨は古銭を代表する金貨で、良質な金貨の代名詞にもなりました。”中世のドル“ともいわれ、国際貿易の決済に使われていました。

 

ノミモス金貨の純度は約98%。1ノミマス金貨に約4.48グラムの金が含まれていたそうです。その純度は4世紀のコンスタンティヌス大帝の時代から11世紀のニケフォロス三世の時代まで約700年間ほぼ維持されていました。

 

それより小さい金貨も鋳造されていました。ノミスマ金貨の半分の金貨を「セミシス」といい、3分の1の金貨を「トレミシス」と言われていました。基準金貨より小さな金貨は世界中でよく造られています。

 

ノミマス金貨はその後、名称を変更。8世紀から12世紀までは呼び名が「ノミスマ」に一本化され、さらに12世紀から13世紀には「ヒュベルペロン」といわれました。

 

しかし、徐々に純度を落とし、やがて国際決済にはベネチアの

金貨に取って代わられ、使われなくなったそうです。

アーカイブ
45話 ロマノフ王朝の金塊

2024-02-28

金の小話 41話‐50話

44話 金のしゃちほこ

2024-02-06

金の小話 41話‐50話

43話 古代オリンピック

2024-01-31

金の小話 41話‐50話

42話 貨幣改鋳で五百万両

2024-01-24

金の小話 41話‐50話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。