51話 金王朝の黄金

2024-04-24

1115年、中国東北部(旧満州)の地に「大金」という国が建てられました。

大金の支配地は、内モンゴルから中国東北部(=旧満州)に及んでいましたが、

ここは金の大産地でした。

 

地から採れた金があり、旧満州を東西に貫流した大河松花江の支流、按出虎水という地から砂金が採れました。この按出虎水という言葉自体、女真語で「黄金の川」を意味しています。

 

この按出虎水周辺には完顔部という女真族が住んでいました。中国東北部に遼という国があり、この地は遼の支配下にありました。そこで遼の商人がこの地域に入り込み、金や物産を安く買い叩きました。さらに役人が税金を取り立て、苛斂誅求(酷く厳しく取り立てをすること)を行いました。

 

それを怒った女真族が反乱を起こし、国を建てました。それが「大金」というわけです。その後、中国でその国が「金」と呼ばれました。

 

女真族が国名を「金」としたのは、金の産地を支配していたからに違いありません。といっても、砂金はもともと川にあったものではなく山から流れて来ます。満州の西方には大興安嶺という大山脈があります。そこから金が流れ出したのかもしれませんね。

アーカイブ
53話 黒死病で教会に金が山積み

2024-06-19

金の小話 51話‐60話

52話 江戸時代、金先物相場が出現

2024-06-12

金の小話 51話‐60話

51話 金王朝の黄金

2024-04-24

金の小話 51話‐60話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。