27話 岩崎弥太郎の扇子と小判

2023-06-28

三菱財閥の創始者、岩崎弥太郎。九十九商会(現日本郵船)を起こし、

西南戦争で兵士と兵器の輸送を任され、大儲けをし、財閥の基礎を固めた。

そんな彼についてとあるエピソードが伝えられています。

 

岩崎弥太郎は常日頃、扇子を持っていた。といっても普通の扇子ではなく、扇子の裏に小判を張ったもの。その意味は「お金に頭を下げると思えば腹も立たない」というものだったという。つまり、お客に頭を下げるとき扇子をかざし、頭と一緒に扇子を下げていたのだ。

 

明治時代は官尊民卑。当時売り出し中の弥太郎には、腹に据えかねないことも多かったかと思われ。それを小判に託し、じっと我慢していたのかもしれない。

その我慢が講じてか胃がんになり、50代の若さで亡くなりました。

 

 そういえば太閤秀吉も金の軍配や扇子を持っており、

今太閤といわれた田中角栄元首相も暑がりで扇子を離したことがないといわれている。

えらくなるとみな扇子を持ちたがるのだろうか。もちろん、扇子を持っているからといって、えらくなるわけでも金が貯まるわけでもない。

 

しかし、弥太郎の心根には学ぶべきことも多い。

もっとも、岩崎弥太郎の扇子は金製ではなかったのですが。

アーカイブ
48話 イギリスの金貨判定

2024-03-20

金の小話 41話‐50話

47話 東京オリンピック記念メダル

2024-03-13

金の小話 41話‐50話

46話 デラックスの語源

2024-03-05

金の小話 41話‐50話

45話 ロマノフ王朝の金塊

2024-02-28

金の小話 41話‐50話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。