30話 プラトン、アリストテレスの錬金術

2023-08-02

古代ギリシャ最大の哲学者プラトン、アレキサンダー大王の師として知られていたアリストテレス。2人は錬金術にも大きな興味を持っていました。

 

 ギリシャではエンペドクリゾという科学者が「物資は火、気、水、土から成り立っており、その組み合わせを変えれば金ができる」と言われていました。しかし、金ができなかったので、プラトンはそれを「4つの元素の境界面を配列し直すことで原子の相互交換ができ、金が造れる」としました。もっとも、それでも金は作れなかったそうですが。

 

 この理論をさらに発展させたのがアリストテレスです。アリストテレスはこう考えていました。「物には精神的な質料と物質的な形相があり、質料が形相をコントロールしている。この質料を分析すれば究極の物質に達することができ、その物質はいろいろな形をとれるので、金も造れる」さらに、「火、気、水、土にエーテルを加えるとよい」としていました。

 

エーテルとはギリシャ語で「上層の空気」を意味する言葉。当時、ギリシャでは「4つの元素より上位の物質で、宇宙はエーテルで満たされている」と考えられていました。

 

もちろん、そんな物質はなかったし、金も作れませんでした。

しかし、アリストテレスの考えは後世まで錬金術に大きな影響を与えたと言われています。

アーカイブ
48話 イギリスの金貨判定

2024-03-20

金の小話 41話‐50話

47話 東京オリンピック記念メダル

2024-03-13

金の小話 41話‐50話

46話 デラックスの語源

2024-03-05

金の小話 41話‐50話

45話 ロマノフ王朝の金塊

2024-02-28

金の小話 41話‐50話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。