31話 “黄金の帝国“インカ

2023-08-09

中南米最大の帝国で、金銀が満ち溢れていた帝国インカ。その都はアンデス山中にあり、クスコと呼ばれていました。人口は約20万。ここにはいくつかの宮殿とコリカンチ(=太陽神殿)や神に仕える若い女性を集めた「太陽の処女の宮殿」などがありました。コリカンチとは「黄金の家」を意味するインカの言葉。すなわち、太陽神殿は黄金で飾られた神殿でした。インカは祭政一致の帝国。太陽の神殿は政治と祭祀の両方を司る最も重要な建物だったそうです。

 

太陽の神殿は長さ68メートル、幅59メートル。クスコで最も大きな建物でもあったそうです。といっても建物が金で造られていたわけではなく、石で造られていました。しかし、その外側にぎっしりと金が張りつめられていました。金の板は、幅が2パルモ(約42センチ)、高さが4デート(約7.2センチ)。内側はくり抜かれて金の棒が詰められていました。奥には小神殿もあり、全面が金の板で飾られていました。その枚数は500枚あったといいます。

 

それだけではありません。祭壇には壁を覆った金の2倍の厚さの黄金の板でつくられた等身大の「太陽像」が安置され、戦いに勝つと生贄がささげられていました。両側には保存術を施された歴代皇帝の遺体が黄金の椅子に腰掛け、背後は黄金の背当てで輝いていたそうです。

 

これはスペイン人の記録に残されたもので、真実かどうかは不明とされています。

アーカイブ
48話 イギリスの金貨判定

2024-03-20

金の小話 41話‐50話

47話 東京オリンピック記念メダル

2024-03-13

金の小話 41話‐50話

46話 デラックスの語源

2024-03-05

金の小話 41話‐50話

45話 ロマノフ王朝の金塊

2024-02-28

金の小話 41話‐50話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。