32話 金座跡地で大儲け

2023-08-16

江戸時代では、銀貨を「銀座」で製造していたので現在も地名としてその名が使われています。また、当時金貨(=大判、小判)を製造していた場所は別にあり、それは「金座」といっていたそうです。

 

江戸時代末には現在の東京都中央区日本橋本石町に「金座」がありました。

実はこの場所、現代では日本銀行本店のある場所にあたります。

 

 日本銀行は当初、同じ中央区の小舟町にありましたが手狭になり、金座の跡地を購入。

そこに移転することにしました。ところが「金座の跡の土砂には金が混じっている」といわれ、採掘を申し込む人が後を断ちませんでした。

 

 そこで、日本銀行は明治21年、銀行の建物を建築する前に数社に採掘を認めました。

この時、採掘料として1,000円(当時の価格)が日本銀行に入りました。いまと違い、

当時の1,000円は相当な価値がありました。金貨を造るとき、当然いくらかの金がこぼれ、それが土に含まれている可能性は十分あります。採掘者は「1,000円を払っても元が取れる」と見ていたようです。

 

採掘された金の量はどの程度かは、いくら調べても分からなかったそうです。

アーカイブ
≪第3弾≫10月1日の金の値段発表!

2021-10-04

お知らせ 金の値段当て

【お知らせ】第3弾金の値段当て締切り間近!!

2021-09-21

お知らせ 金の値段当て

9月21、22日のFOMCに向けて情報整理

2021-09-17

金の値動きの予想 金の海外市況

古代から中世に造られたソリドゥス金貨

2021-09-15

金の小話 金貨

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。