8月4日海外市況

2021-08-06

8月4日海外市況

―サンワード貿易のアナリストによる分析―

 

 

 

〇NY金

 

予想を下回った米雇用指標を受けて急伸したが、その後の米連邦準備制度理事会(FRB)高官発言を受けて下落。

 

1814.50ドル(+0.40)。

 

米民間雇用サービス会社ADPが発表した7月の非農業部門就業者数は、市場予想を大きく下回ったため、ドルが下落し、ドル建て金は割安感が増し、一時1835.90ドルまで買い進まれました。

 

しかし、クラリダFRB副議長が「年内に量的緩和縮小開始の発表を行うことを支持する」と発言すると、緩和縮小の前倒し観測が強まり、長期金利が上昇。

 

為替相場がドル高・ユーロ安の流れに転じ、金は売られました。

 

金ETFは、1027.97トン(変わらず)。

 

NY白金は続落。1021.30ドル(-25.60)。

パラジウムは高い。2651.70ドル(+6.40)。

 

 

【5日】

10:30   (豪) 6月 貿易収支  96.81億豪ドル  

15:00   (独) 6月 製造業新規受注 [前年同月比]  54.3% 

17:30   (英) 7月 建設業購買担当者景気指数(PMI)  66.3  

20:00   (英) イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表   0.10%  0.10% 

20:00   (英) 英中銀資産買取プログラム規模  8950億ポンド 

20:00   (英) 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

21:30   (米) 6月 貿易収支  -712億ドル  -715億ドル 

21:30   (米) 前週分 新規失業保険申請件数 

 

 

 

その他、相場、市況分析は👉 http://meister.blog.jp/

 

 

では今日も最後までご覧いただきありがとうございました!
明日の投稿もお楽しみに♪

 

 

 

===================================

※本ブログの内容は、テクニカルマイスター(サンワード貿易アナリスト)のブログに掲載されている内容を抜粋したものです。

👉 http://meister.blog.jp/

 

※サンワード貿易が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。

※投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等などの投資にかかわる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

===================================

アーカイブ
8月4日海外市況

2021-08-06

金の値動きの予想 金の海外市況

≪第1弾≫8月2日の金の値段発表!!

2021-08-06

金の値動きの予想 金の海外市況

banner

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。