1話:多い少ない?金の量

2022-12-21

金はいったい、多いのか、少ないのか。人類生誕以来、ナイルの川底からアンデス山脈まで採掘された金は約18万トンといわれています。これは神宮のオリンピックプール四杯分くらいです。

 

採掘量も埋蔵量も決して多くはありません。金の普及宣伝機関WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)によると2018年の世界の採金量は3,260トン、採掘できる金、つまり可採埋蔵量は約5万4,000トンでしかありません。これでは16年で取り尽くしてしまう。とはいっても原油同様、これから新たに発見される金鉱脈もあるのでそんなことはないと思うが…。それにしても、少ないことに変わりはない。

 

ところが、見方を変えると別の風景が見えてきます。地球は落ちてきた隕石が固まってできたというのが定説。その隕石には金が含まれており、それに地球の重量を掛け合わせると約2,000兆トンの金があるといいます。そこに加え、海水に含まれる金も大量にあり、海水1トン中には100万分の1グラムの金があると言われています。それを海水の量に掛け合わせると約1,900万トンの金がある計算になります。

 

もっとも、地球の金はほとんどが中心部に集まっており採掘できない。海水中の金も採取方法はあるが、微量で採っても採算に合わない。

 

「金は希少」という状況は当分、いや、半永久的に変わることはないかもしれません。

 

アーカイブ
カルフォルニアにて一攫千金も夢じゃない!!

2021-01-20

金の小話 黄金伝説

金山の発見法をこっそり教えちゃいます☆

2021-01-20

金の小話 金山

最古の黄金文明

2021-01-15

金の小話 西洋の歴史

金はどのぐらい採掘されているのか!?

2021-01-08

金の小話 金山

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。