22話 サラディンとリチャード獅子心王

2023-05-24

 

 

中世を彩ったものに十字軍があった。十字軍とはキリスト教の聖地エルサレムを目指した軍のことで、イスラム教徒と戦うこともありました。十字軍は(諸説あるが)六回行われたといわれています。もっとも広く知られているものは、英独仏のトップがこぞって参戦し、イスラムの王サラディンと戦った第三回十字軍ではないでしょうか。

 

 この戦い、サラディンの戦略が十字軍を上回り、十字軍はあえなく敗退。

 

この時、獅子心王と言われた英国王リチャード一世は、サラディンとの講和の帰り道、

シリアのダッカを攻略し市民の金銀財宝を奪い、イスラム教徒の兵士3,000人を捕虜にし、その身代金として金貨20万枚を要求したそうだ。しかし身代金が来ないと分かると3,000人を本当に殺してしまったそうです。

 

しかし、サラディンはエルサレムを落とした時、キリスト教を象徴する黄金の十字架は引き下ろしたが、そこにいたキリスト教徒は殺さず、財産を持って退去することを認めており、兵士もわずかな身代金で解放、身代金を払えなかった兵士は無償で本国に帰還させています。このことより、イスラム教は「寛容の宗教」といわれていますね。

 

アーカイブ
53話 黒死病で教会に金が山積み

2024-06-19

金の小話 51話‐60話

52話 江戸時代、金先物相場が出現

2024-06-12

金の小話 51話‐60話

51話 金王朝の黄金

2024-04-24

金の小話 51話‐60話

50話 美人の代名詞、金蓮歩

2024-04-17

金の小話 41話‐50話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。