23話 ニュールンベルグの秘宝

2023-05-31

中世ドイツを代表する都市にニュールンベルグがあり、ナチス発祥の地として知られ、戦前、ナチスによって数々の祭典が行われた街と言われています。

1423年、この街に莫大な金銀財宝が持ち込まれ、神聖ローマ帝国皇帝ジギスムント(1368~1437年)がキリスト教の一派ムス派の蜂起を恐れ、財宝の保管をニュールンベルグに委託したのです。財宝は「王権を象徴した黄金の宝冠や錫、イエスのわき腹を刺した聖槍」など、その多くは金で飾られていました。これらの財宝は返されることがなく、ニュールンベルクの宝になりました。

 

中世、商業として発展した都市はヴェネツィア、ハンブルグをはじめ、海に面した都市が多く、ウィーンやブタペストなど、商品の受け渡しに便利な大きな川の側につくられていました。ところが、ニュールンベルグは近くに海もなければ大きな川もありません。

それではなぜ発展したのか。

 

それは、ニュールンベルクが神聖ローマ帝国皇帝の居城の横につくられた町だったからと言われています。商業の発達で王侯貴族から都市の自治権を買い取り、発展させたと言われています。「都市の空気は人を自由にする」と言われていましたが、これは金があったからの話ではないでしょうか。「金が都市の空気を自由にした」といえるかもしれませんね。

アーカイブ
44話 金のしゃちほこ

2024-02-06

金の小話 41話‐50話

43話 古代オリンピック

2024-01-31

金の小話 41話‐50話

42話 貨幣改鋳で五百万両

2024-01-24

金の小話 41話‐50話

41話 黄金半島

2024-01-17

金の小話 41話‐50話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。