28話 世界最大の金貨「モハ金貨」

2023-07-05

「世界最大の金貨」というと、だれもが秀吉の天正菱大判を思い起こすのではないだろうか。事実、そう書いている本もある。しかし、中世インドではそれをしのぐ重量の金貨が造られていたと言われている。

 

その金貨の名称は「モハ金貨」。17世紀、天正菱大判が鋳造されたのより少し後にインドのムガル帝国で造られた。重さはおよそ233グラム、品位は91.6%、1枚に200グラム以上の金を含有していた勘定だ。

 

秀吉の造った大判は約115~122グラムだったので、その約2倍の重さだった。

当時、ムガル帝国は繁栄の最中にあり、その象徴としてこのような金貨を造ったのではないだろうか。

 

20世紀にはカナダのメイフルリープ金貨、オーストラリアのカンガルー金貨、中国のパンダ金貨など、超大型の金貨が造られています。モハ金貨は重さがパンダ金貨の半分だが、カンガルー金貨の2倍以上だった。といっても、このように重いと、実用には適さず、商売に使われたとは思えないため、モハ金貨も家臣への報奨用や配下のマハラジャへの贈答用に使われたのかもしれませんね。

アーカイブ
50話 美人の代名詞、金蓮歩

2024-04-17

金の小話 41話‐50話

49話 鼠小僧

2024-04-09

金の小話 41話‐50話

48話 イギリスの金貨判定

2024-03-20

金の小話 41話‐50話

47話 東京オリンピック記念メダル

2024-03-13

金の小話 41話‐50話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。