53話 黒死病で教会に金が山積み

2024-06-19

中世、金不足に悩んだヨーロッパに神風(?)が吹きました。それが14世紀、ヨーロッパに吹き荒れた黒死病(ペスト)です。この時、2,000万人以上、全人口の約3分の1が亡くなったといいます。

皮肉なことに、これによって豊かな人が急増した。遺言状を書く暇もなく一家が全滅した例が無数に出ましたが、亡くなった人の財産を手に入れた人も多かったのです。

特に金銀を多く手に入れたのが、教会でした。一村が全滅したら当然、その財産のうち教会に分配される量が多かったです。すると教会には黄金が山積みとなったのでした。カトリックのトップ、教皇は特にすさまじく、こんな話も残っています。

「教皇の馬でさえ金の衣を着て金の器で餌を食べ、神が奴隷の贅沢を許さなければ、間もなく金の蹄鉄も打たれただろう」

このころ、教皇庁はローマからフランスのアヴィニヨンに移され、7代にわたって続きました。「これはフランスの金を手に入れるためだった」との説もあります。

ヨーロッパは黒死病で大きく変わりました。農民一人当たりの土地は増え、明日のわが身もわからない人々は贅沢に走り、商業が広まりました。結果として、黒死病が新しい時代を切り開いたのです。

それとともに金貨への欲求が強まり、都市には富がどんどん蓄積されました。この富とは、金銀のことだったのです。

アーカイブ
29話 最古のゴールドラッシュ

2023-07-12

金の小話 21話-30話

28話 世界最大の金貨「モハ金貨」

2023-07-05

金の小話 21話-30話

27話 岩崎弥太郎の扇子と小判

2023-06-28

金の小話 21話-30話

26話 フビライの黄金宮

2023-06-21

金の小話 21話-30話

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。