アラスカのゴールドラッシュ

2021-10-14

みなさんこんにちは

 

本日は、アラスカのゴールドラッシュについてご紹介いたします。

 

 

『ゴールドラッシュ』と聞くと、カルフォルニアのゴールドラッシュを

一番に思い浮かべる人が多いと思いますが・・・。

 

 

アラスカのゴールドラッシュもカルフォルニアに次ぐ産出量を誇っており、

「アメリカ大陸最後のゴールドラッシュ」とも言われています。

 

 

 

アラスカのゴールドラッシュの採掘場所は、アメリカ領のアラスカではなく、

カナダの西海岸に面したユーコン準州を流れるユーコン川上流のクロンダイクという

土地の周辺だったと言われています。

 

1896年、数人の男がユーコン川周辺で金を探しており、

食糧が尽きる寸前、川底にきらりと光る物資を見つけました。

 

 

彼らはそれをシアトルに持ち帰り、売却した所ところ当時の価値で

時価5億~10億円にもなったと言い伝えられています。

 

その金額がホントなのか??ウソなのか??真実は明らかになっていません。

 

 

 

以降、ゴールドラッシュが始まりました。

 

 

出発地であったシアトルの港には約10万人の男が集まり、船に乗ってアラスカに渡り、

そこから険しい山を越えクロンダイクを目指したと言われています。

 

 

しかし、そのうちの6万人は途中で引き返したり、亡くなってしまったりして、

「金の採掘場にたどり着いたのは4万人程度だった」と言われており、

さらに、たどり着いた4万人の中で金を採掘できたのは4,000人だったそうです!

 

 

 

その後、1899年にアメリカ合衆国アラスカ州ノームで別の金鉱が発見されると、

人口流出が起きゴールドラッシュも終焉することになりました。

 

 

 

 

金は現在でもクロンダイクの土地周辺で採掘されており、

旅行者も体験として、砂金すくいを楽しむことが出来るそうです!!

 

 

 

アーカイブ
オリンピック記念メダル

2021-07-02

金の小話 金貨

失われたマルクの記念金貨

2021-06-17

金の小話 金貨

banner

≪免責事項≫

*提供される情報はサンワード貿易株式会社(以下弊社)が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、弊社は保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
*弊社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
*掲載される株式、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。この情報に基づいて投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、弊社は、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
*投資対象および銘柄の選択、売買価格、掲載内容の判断及び同内容に基づく解釈、契約締結等については、などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※商品関連市場デリバティブ取引・商品デリバティブ取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちら(https://www.sunward-t.co.jp/policy/index.html)をご覧ください。